住宅ローンの支払い

不動産を見に行く

任意売却という言葉をご存知でしょうか。住宅ローンを延滞して返済不可能になった場合に、その住宅を債権回収の一環として買い取ってもらう方法です。いよいよ払えなくなった時の競売と違って、普通の不動産価格とほぼ同じ程度の金額で売却できるのがメリットですが、気を付けておきたい点もあります。 まず、任意売却に関して債権者全員の合意が取れるかどうかという点があります。また任意売却は、競売の入札前に行う必要がありますし、本当に通常の不動産価格で売却できるかどうかも、蓋を開けて見るまでは何ともいえません。また、新しく他の保証人が必要になる場合もありますし、もし任意売却の後に自己破産をした場合、免責が下りず、返済をし続けなければならないという可能性もあります。

また売却という行為には、どうしても詐欺行為が絡んでくることがあります。ですから、任意売却を決めた時点でそれ専門の、信用のおける弁護士や司法書士、あるいは業者に相談して、無用なトラブルに巻き込まれないようにすることも大事です。 しかしその一方で、任意売却をすることにより、滞納から解放されるうえに、債権者の方も早めに返済分を回収することができるというメリットもあります。また残債が発生した場合も、債権者に対して交渉を行うことができますし、もちろん転居の費用を認めてもらうこともできます。また、競売のような強制的な立ち入りもないので、近所に滞納の事実が知られることもありませんし、もし親戚などで支援者がいる時は、債権者と話し合ったうえで、そのまま住み続けることが出来る場合もあります。