初期費用を抑える

新しいマンション

初期費用を安くして、部屋を借りるのなら礼金0ヶ月敷金0ヶ月のいわゆるゼロゼロ物件です。通常賃貸契約の時には、初期費用として敷金と礼金がそれぞれ家賃の1か月から2ヶ月分程度かかるのですが、それが一切かからないで部屋を借りることができるのです。これは、大家さんにとって空室を作らないための対策であり、初期費用を安くすることで借りてもらいやすくしているのです。注意点としては、部屋を借りる時にあまりお金がかからない反面、その分が家賃に上乗せされて高い家賃であったり、賃貸契約を解約して退去するときに原状回復費用として部屋のリフォーム費用がかかったりなど出ていくときの方がお金がかかることがありますので契約内容をよく確認しておくことです。

初期費用を安くして部屋を借りるならゼロゼロ物件以外にもフリーレントの賃貸物件があります。フリーレントの賃貸物件とは、契約開始から一定期間は家賃がタダになる物件のことです。家賃がタダになる期間ですが、1か月から最大で6ヵ月といった物件もあります。これは、ゼロゼロ物件と同じく空室対策の目的があるのですが、本来であれば家賃を安くして入居者募集したいところですがすでに入居されている方のこともありますので家賃が下げられないです。そこで一定期間は家賃がかからないことにすることで、家賃をさげることなく募集ができるのです。フリーレントの場合ですが、無料期間内に退去されると収入になりませんから1年以内の解約は違約金がかかるといった契約になっています。